深い眠りを手に入れよう!

深い眠りを手に入れるための習慣とは

子供の頃は特に意識をしないで深い眠りを手に入れられていましたが、
大人になって色々とやることが増えてくると、なかなか深い眠りを手に入れられなくなってしまいますよね?

 

そこで、より深い眠りを手に入れるための方法をお伝えしていきます。

 

今回ご紹介するスケジュールは休日をベースにして考えてあります。
仕事がある日でこのスケジュールを行うことが出来ない場合は、
少しずつアレンジをしてスケジュールを調整していってください。

 

1 午前中

 

当然のことながら、夜しっかりとした睡眠を手に入れたい場合は、朝早い時間帯に起きることが大切です。
遅くとも10時、11時くらいまでには起床をするようにしましょう。
仮に12時以降に起きてしまっている場合は、睡眠の問題はほぼ起床時間にあるといっても過言ではありません。

 

朝起きたら、早い段階でしっかりと太陽を浴びるようにしましょう。
人間の体には体内時計があって、太陽を浴びることによってその体内時計がリセットされます。

 

天気がいい日なら朝早い時間帯に太陽をしっかりと浴びて、
軽い運動をすることを心がけましょう。

 

2 午後

 

午後になったら、次行う方がいいこととしては、やはり運動です。
昼にしっかり疲れることによって、夜の睡眠の質が極めてあがります。

 

もちろん、貴重な休日を運動だけして過ごしてはもったいない!ということもあると思います。

 

そういう方はウィンドウショッピングなどでもいいので、とにかく太陽の下で動きまわることを
念頭において行動をしておきましょう。

 

普段そういった趣味などがない方は、体を動かす趣味を作るといいかもしれませんね。

 

3 夜

 

夜も更けてきたら、徐々に睡眠への準備が始まっていきます。
よく言われていることですが、眠る3時間以内では蛍光灯などの明かりを発する物を見ることは控えた方が無難です。

 

この時間帯に明るすぎる光などを見てしまうと、体内時計が狂ってしまい適切な睡眠を取ることができなくなってしまいます。

 

そのため、眠る3時間以内に入ったら間接照明などでだけで生活をするようにして、
テレビ、パソコンなどを控えて本などを読んで過ごすようにしましょう。

 

また、この時間帯の気温の調整もかなり重要になってきます。

 

無意識でいても体調の悪くない気温を念頭において、
あたたかすぎず、寒すぎずの気温をキープするようにしましょう。

 

これらの行動を行えばきっと良い睡眠を手に入れられるはずです。
是非参考にしてみてください。