薬は個人輸入できるの

薬は個人輸入ができるものなの?

1つの薬を長期間服用している人であれば、
一度くらいは「薬を個人輸入したら、通常より安く服用できる」という
噂を聞いたことがあるかもしれません。」

 

それは、事実です。

 

あまり知られていないのですが、薬というのは
しっかりとした薬で、税関などで止められない薬であれば、
海外から安い価格で個人輸入をすることができるのです。

 

一見難しい薬の個人輸入ですが、やり方さえわかってしまえば
案外簡単に実現できてしまうのです。

 

是非抑えるべきポイントを抑えて、可能であればラシックス個人輸入をしていきましょう。

 

個人輸入のルールってどういうものがあるの?

一言で個人輸入とは言っても、実際のところ輸入を行う際に
超えなければいけないルールのようなものがいくつか存在しています。

 

まずは、成分的な問題です。

 

日本と海外では薬事法が全く違うので、海外では普通で販売出来ている薬であっても、
日本においては通常の方法で販売できないということが多々ありえます。

 

例えば、食欲を抑える薬ということで有名な「サノレックス」という薬があるのですが、
これは個人輸入においては入手することができないのです。
(中に含まれている薬に麻薬の成分が含まれているというのが、その理由です。)

 

成分的な問題がある薬というのは、まず輸入をすることができません。
無理に輸入をしたとしても税関で没収されるのがオチなので、
面倒くさい&無駄なことはせず、日本で近い薬を処方してもらうようにしましょう。

 

次に、量的な問題が存在します。

 

実は、海外から一度に個人輸入できる量というのは決まっているのです。
基本的に、通常利用で最大2ヶ月分までの量しか輸入をすることができません。

 

2ヶ月というのは一見多そうに聞こえるかもしれませが、
実際に輸入をしてみるとそれほど多くない量というのがわかるはずです。

 

これらの問題をクリア出来て、かつ金銭的に日本で購入するよりも
はるかにメリットのあるような薬であるならば、是非購入することをおすすめします。

個人輸入するなら、まずは普通の商品で慣れよう

オオサカ堂などを利用しないで、本気で自分の力だけで
個人輸入を行おうと思った場合、まずは薬の前に普通の電化製品などの
個人輸入で慣れてから薬の輸入を行うことをおすすめします。

 

薬というのはやはりハードルが高く、
一歩間違えれば様々な書類などが必要になってきます。

 

慣れていれば簡単に解決できる問題であっととしても、
慣れていなかったらなかなか解決をすることができません。

 

まずは少しでも慣れを手に入れるためにも、
普通の商品を購入するようにしましょう。